宅配クリーニングをフル活用!子供の服も礼服も何でもお任せ

お得な宅配クリーニングの詰め放題を有効活用~詰め方のコツ大公開~

男性

宅配クリーニングを利用すれば、面倒なクリーニング作業を業者に全て任せることができます。宅配クリーニングの魅力に迫りましょう。

お得な宅配クリーニングとは?

子供がたくさんいるので、クリーニング代が高額になってしまいます。何か良い方法はありませんか?
そのような方にオススメしたいのが宅配クリーニングです。宅配クリーニングは業者によるクリーニング委託サービスなのですが、提供しているサービスの1つに「詰め放題システム」というものがあります。業者から専用のバッグを預かり、それにクリーニングしてもらいたい衣類を詰められるだけ詰めるという斬新なシステムです。上手に詰められれば、1点ずつ預けるよりも安く抑えることができます。
宅配クリーニングの詰め放題サービスが無制限に設定されている業者を発見しました。点数が決まっている詰め放題よりも、無制限のほうがお得なのでしょうか?
宅配クリーニングの詰め放題サービスの内容は、業者によって異なります。無制限で詰め放題、としているところも少なくありません。無制限のほうが得か、という質問の答えですが、「詰め方による」としか答えられません。と言うのも、詰め方によって1点あたりの値段が変わってきてしまうからです。つまり、上手に詰めることができればかなりお得になるということです。バッグの種類や大きさなどを考え、どのくらい詰められるのかをじっくり検証すれば、十分得を得られるはずです。

宅配クリーニングの詰め放題を利用した主婦の意見

面倒なクリーニングも宅配クリーニングで楽になりました!(40代/主婦)

夫と子供4人の計6人で生活しているのですが、子供が4人ともスポーツをやっていることもあり、毎日大量の洗濯に追われていました。そこで、以前から気になっていた宅配クリーニングを利用することにしました。詰め放題となっているので、普段着から運動服まで、毎回バッグいっぱいに詰めて発送しています。発送も配達も玄関でできるので、家事の合間に楽にこなすことができます。宅配クリーニングを利用してからというもの、普段の生活に大きな余裕を生むことができました。

便利な宅配クリーニングは、利用の仕方1つでさらにお得感が増すことが分かりました。ではここで、詰め放題のサービスを利用する際、専用バッグにたくさん服を詰め込むコツを紹介したいと思います。

たくさん服を詰むためのコツ

小さくして少しの隙間も残さないように詰む
まず、服の袖部分を内側に折りたたみます。あとは縦方向にクルクル巻いていきます。これで完成です。シワになりにくいだけでなく、服を無駄無く収納場所に収めることができます。業者から提供される専用バッグがどのような形状でも適応できるたたみ方です。立てて入れても寝かせて入れても、どちらでも問題ありません。
服を重ねて詰める
バッグや箱に、伸ばした状態の服をどんどん重ねていきます。最後に入れ物からはみ出た部分を中にたたみ入れるというやり方です。キャリーバッグのような形状の入れ物に適した方法と言えます。

このように、服のたたみ方や収納のコツにはいろいろな方法があります。上で紹介したコツを活かせば、専用バッグにたくさん服を詰め込むことも十分可能です。宅配クリーニングのサービスを最大限利用できるでしょう。

宅配クリーニングの詰め放題で失敗しないために注意点を確認

クリーニング

宅配クリーニングの詰め放題サービスを利用する際は、いくつか注意しなければならない点があります。以下に挙げる注意点を頭に入れておきましょう。

詰め放題を利用する際の注意点

集荷バッグが小さい場合がある
衣服を入れる集荷バッグは、業者が用意したものを利用します。初めて申し込む方は、バッグの大きさや素材が分かりにくいだけでなく、どのくらい詰められるのかも想像しにくいです。HPや電話確認で具体的な大きさを聞いても、いざ渡されたときに「思ったより小さい」と感じるかもしれません。利用を申し込む前に、具体的な大きさを確認し、サイズを想定してどのくらい入るかシミュレーションするようにしましょう。
対象外になっている衣類がある
詰め放題と聞くと、どんな衣類も詰められると思いがちですが、対象外となっている衣服が設けられていることもあります。実際、布団や毛布、下着や礼服などこれらの衣類をクリーニング対象外としている業者は少なくありません。利用前に、どの衣類がOKでどの衣類がNGなのかしっかり確認しておきましょう。対象となるものを理解せずに利用した場合、損をする可能性も大いに有り得るからです。
詰め放題でも上限が決められていることがある
宅配クリーニング業者の中には詰め放題としておきながら、上限となる数を定めているところもあります。そのようなところに引っかからないよう、サービス規約にしっかり目を通した上で申し込むようにしましょう。
納期が長引く可能性がある
業者によっては、納期にかなり期間を設けることもあります。預けてから届くまでに2週間かかった、という例もあります。これほどの納期を要すると、発送してから数日以内に着用したかった衣服が当日までに届かなかった、なんてことになる恐れもあります。宅配クリーニングのシステムや料金だけでなく、納期を含むサービスの詳細についても確認しておきましょう。

このように注意すべきことはいくつもありますが、これらを全て把握しておけば、宅配クリーニングが持つシステムやメリットを十分に利用することができます。

TOPボタン